すぽるど!情報調査隊

すぽるど!情報調査隊

すぽるど!情報調査隊

眠れない人が増えている

眠れない人が増えているというのを聞いたことがありませんか?寝なきゃいけないと分かっていても寝れない時や、疲れているはずなのに眠れないなどと、不眠で困っている人は数多くいます。

眠れない苦しさということは体験した人にしか分からず、その原因はストレスや心の病気から身体的な疾病によるものと様々で考えられます。

そのさまざまな眠れない原因というのは、咳がひどく、熱があったり、痒くて眠れないなどの身体の不調が原因で起こる不眠があります。

そして、睡眠時無呼吸症候群といわれる、突然呼吸がしばらく止まってしまう症状などが考えられます。

身体の不調が原因である以外には、時差がある場所での不眠や枕が変わって寝れない、暑さや寒さ、音、明るさなどの環境変化が原因ということも考えられます。

そして、不眠の原因の多くは精神的ストレスが原因にもなっています。

ストレスというのは自分ではストレスがないと思っていても、実際は感じている人も多いので、自覚がない人も注意が必要なのです。

誰でもストレスは抱えているものだと思いますが、ストレスが過剰になってしまうと不眠症になるので気をつけましょう。

その他の原因では、薬の副作用やアルコール、カフェインの摂取が原因で不眠症になることもあります。

自分が眠れない理由を早くつき止め、それにあった治療や対策を立てなければいけません。

不眠が続くときは、早めに医師に相談するのも良いですし、不眠を解決するには、生活面での工夫をして解消していくということも心がけなくてはいけません。

眠れなくて悩んでいませんか?

眠れなくて悩んでいませんか?眠れない理由とはどのような事が考えられるのでしょうか。

日本人の5人に1人の割合で不眠症で悩んでいる人がいるということはご存知ですか?そして、不眠症になる確立というのは若い人よりも中年以降に確立が高くなってきます。

そして、不眠の原因にもさまざまなものがあり、眠れない理由だけが不眠症というのではありません。

なった人にしか分からない不眠症はとても辛いもので、睡眠しているだろうと他の人には思われていても、実際には寝て起きたら体の疲れは取れておらず、寝たような気分もなく、まだ寝たりないと思ってしまうほどになる場合もあります。

人口の中で確率的にこの症状の人はとても多いにも関わらず、不眠の解消方法がわからずに自分ではどうにもならないと思ってしまうのも、日本の人口の5人に1人の割合が多いという証拠です。

睡眠時間が短いという理由や、眠いのに寝れないという理由が不眠症ではなく、不眠症というのは、目覚めた時に体のだるさや、眠気があり、日常生活を行っていく上で支障をきたしてしまう程度によって判断されます。

なので睡眠時間が長い場合でも、体がだるかったり、まだ寝たいと思うようであれば不眠といえるのです。

ですので、不眠症というのは、睡眠の時間ではなく目覚めた時の不快感によって、判断されるということですし、眠れなくて悩んでいる場合には寝る時間を増やすのではなく、眠りの質を高めることが大切になってくるといえるでしょう。


新着記事一覧

ページ上部に

Copyright ©  すぽるど!情報調査隊 All rights reserved.