太ももを細くする方法とは

すぽるど!情報調査隊

すぽるど!情報調査隊 > ダイエット > 太ももを細くする方法とは
太ももを細くする方法とは

太ももを細くする方法とは

2013年08月17日 | ダイエット

このエントリーをはてなブックマークに追加

部分ダイエットで太ももを細くする

太もも、と一口にいっても人が悩んでいる細かい部分は違ってきます。
たとえば「全体的に太いので細くしたい」という悩みを抱えている人もいれば、「セルライトだけが気になる」と太さよりもセルライトを気にしている人もいます。
「太ももの裏側のたるみが気になる」という人もいるでしょう。
その人の太もも事情はその人にしかわからないのです。
ダイエットをしても太ももだけは痩せにくいのはダイエット経験者であればご存知でしょう。
大幅なダイエットをして10キロ以上の減量に成功したとしてお腹などの柔らかいところは大きく変化が見られても、太ももは2,3センチしか減っていないということは良くある話です。
全体的なダイエットによって太ももを細くすることよりも、部分ダイエットで太ももを細くするようにアプローチしたほうが効果的な場合があります。
それは先ほどから伝えているように冷えや老廃物のためこみ、太ももを使用しないなど色々な原因が太ももに隠れているからです。
運動によって太ももを細くするには大腿四頭筋という太ももの前にある筋肉を鍛えることで前から見た感じを何とかしたい人にとっては効果的です。
そして反対に太ももの裏側が気になっている人は大腿二頭筋を鍛えることによって後ろ姿に自信が持てるようになります。
大腿二頭筋は太ももの裏にあります。
四つんばいになって足を上げる足上げ体操を一日何回と決めて行うのがよいでしょう。
時間もそんなにかかりません。
垂直に軽く行うスクワットも効果的だと言われています。


太もも部分ダイエット


ストレッチは太ももにはもちろんですが、ほかの部分にも大変効果があると言われています。
ストレッチによって程よく伸ばし、新陳代謝をあげたり血行を促進することによって痩せやすい体にさせるのです。
ストレッチダイエットは簡単で効果的ですのでお勧めです。
太ももを細くするには全体的なダイエットではなく、部分ダイエットのほうが効果的な場合があります。
部分ダイエットとは痩せたいところだけを細くすることを言いますが、太ももにおいてはストレッチとリンパマッサージが非常に効果的でしょう。
多くの女性は太ももに老廃物がたまってしまい、セルライトとして現れています。
セルライトがない女性でも完全に老廃物が溜まらずに綺麗な足を保っているのはモデルさんでない限り、難しいと思います。食事ですと塩分に気をつける、スナック菓子などはなるべく食べないようにすることはもちろん、適度な運動で適度な筋肉をつけるためには歩くことを心がけましょう。
そしてお風呂で良く温まってマッサージやストレッチを行う、このメニューを日々怠らずに繰り返すことができたら太ももは細くなるはずです。
でもこれを毎日継続するのは生活習慣を変えることと同じ位に難しいと思います。
ですが、ダイエットは意気込みと努力が大事です。
そのためには具体的な目標を持つことです。
なかなか痩せない太ももを細くすることは簡単ではありません。
年齢とともに醜くなってしまう太ももは努力次第で綺麗な状態をある程度保つことができるのですから、がんばっていきましょう。

ダイエットの繰り返しは禁物

世の中には色々なダイエット方法が紹介されています。
「○○だけダイエット」や「○○エクササイズダイエット」など、食事内容が極端に偏っているダイエットや継続が難しいダイエットなどがほとんどのように感じられます。
一度テレビなどで紹介されてしまうとその商品は売り切れになってしまうほどテレビの影響力は大きいのですが、一時的な大ブームになったあとは忘れ去られ、次にまた品物だけを変えた新しいダイエット方法がブームとなり、それの繰り返しです。ダイエットばかり日々行っている人は極端なダイエットを繰り返して一時的に体重や体脂肪が減っても、生活習慣まで変えられていない人が多いので、元の生活に戻ると同時にリバウンドを起こしてしまうのです。
リバウンドをおこしてまたダイエットをするので、年齢を重ねるうちに代謝がどんどん下がってしまい、痩せにくい体へと変化してしまいます。
若いうちは代謝が良いので、ちょっと努力しただけで痩せますが、30代に入ると「何をしてもなかなか減ってくれない」という悩みがついて回ります。
若いころは太ももや顔が太っていることを気にしますが、それは若いがゆえの張りでもあります。
でも30代くらいになるとたるみを気にするので同じ太ももや顔が太っていると悩んでいても張りではなく、たるみが原因なのです。
怖いですよね。
年齢には勝てませんが、若いころと同じ努力では効果は出ません。
若いころにがんばった分の倍以上がんばらなければ効果が出ないということがほとんどです。

自分に合った靴を履く

自分に合った靴を履くというのはダイエットにおいても非常に大切なことなのをご存知でしょうか。
最近ではかわいいゴム製のサンダルなどが流行っているので歩きやすく、楽なのですがでもそれが自分の足に合っていないとダイエットにはなりません。
というのは先ほどお伝えしたように歩き方や姿勢はダイエットに非常に影響があるということをお伝えしました。
ウォーキングシューズをはいて通勤できればよいのですが、なかなかそうもいきませんよね。
運動する機会が通勤の時間しかない、という忙しい現代人はたくさんいると思います。
でも通勤時に服装が自由な会社はよいですが、そういった会社ではない場合に、革靴で歩くことになります。
革靴やヒールなどは歩くと足が疲れます。
足が疲れると全身にも疲れがまわり、体力がなくなってしまいますよね。
そして靴自体にもダメージがでてきます。
そこで可能な限り、本気でダイエットを心がけている人は荷物にしてもあまり重たくないウォーキングシューズを一つ用意し、通勤時は駅までそれで歩き、途中で履き替えるということもひとつの方法です。
できる人は限られてくるかもしれませんが、太ももを動かさないために太くなっている人は運動不足が考えられますので、スポーツジムに行っても継続できない人はそのほうが良い場合もあります。
ヒールなどで歩くと姿勢が悪くなりますので、太ももダイエットには向きませんし、足の形も悪くなってしまいます。
ウォーキングシューズでストレスのないダイエットをちょっとした工夫で行ってみてはいかがですか。


疲労をなくそう

仕事柄のせいなのか、非常に足が疲れやすい時期はありませんか?また毎日足が非常に疲れてしまうという人もたくさんいることでしょう。
足が疲れる、足が痛くなるなどのストレスは本当にいやですよね。
足がつかれると全身まで疲れてしまいます。
それくらい足は大事なのですが、日々たくさん足を使いますので、疲れるのは当然です。
足の疲れはその日のうちに解消しなければ次の日も残ってしまいます。
とくに生理前の女性の体は非常にむくみやすくなっていますよね。
太ももやふくらはぎがいつもより1センチ以上太くなっていることが多いですよね。
ダイエットをしていても生理前はなぜか体重が数キロ増えてしまいます。
そうなるとダイエットをしているという意識が薄れたり、一時的にモチベーションが下がってしまいますよね。
足の疲れにはストレッチが効果的だそうです。
気持ちが良いと思う程度に伸ばし、血行を促進することによってむくみ解消へとつなげることができます。
疲労の原因は疲労物質である乳酸が原因です。
乳酸が滞ってしまうとむくみなどが起きてしまいます。
足の疲労とダイエットは一見関係ないように感じますが、そうではありません。
疲労でパンパンに張ってしまった太ももやふくらはぎは放っておくと日に日に増して太くなる一方であります。
疲労の蓄積は太ももやふくらはぎを太くする大きな原因になるのです。
生理前のむくみは仕方ありませんが、普段の生活でむくみが生じた場合はその日のうちに解消することが太ももダイエットの秘訣なのです。

太もも内側のダイエット

太もも全体の太さを気にしている人も多いでしょうが、内側の太ももが太っていると悩んでいる女性も多いようですね。
太ももの内側はすぐにお肉がつきやすいので見た目にも変化がすぐにわかる場所でもあります。
でも太ももの中では比較的やわらかい部分にあたりますので、脂肪を落とすこともわりと簡単だといわれています。
ただし普通のダイエットでは太ももは簡単にやせません。
太ももだけにアプローチした部分ダイエットでないとあまり効果は期待できないでしょう。

そこで太ももの内側を細くするためのエクササイズ方法を紹介したいと思います。
小さなゴムボールをひとつ用意します。
ゴムボールを太ももに挟み、太ももの内側の力を利用してゴムボールを押しつぶす運動をします。
これを数回繰り返すだけでも意外と力をつかいますし、疲れます。
太ももの内側にはこの運動だけで結構効いているのです。
ぷよぷよしてしまっている太ももの内側は引き締めて細くするという方法もあります。
そこで今のような運動ですと、適度に引き締まって細く見える効果が期待できるのです。
ほかにはお風呂でできることではありますが、太ももの内側の脂肪をもみだす、つまみ出すようなマッサージを行うことです。
内出血するほど力は入れる必要はありませんが、つまみ出す、もみだすということは意外と続けているうちに減っていることがよくあります。
お風呂でマッサージオイルなどを使用して脂肪を排除するようなイメージをしながら行うと効果がよりいっそう上がることでしょう。

エステも良い


簡単に楽してダイエットを成功させる方法などありません。
ダイエットは自分との戦いです。
強い意思と努力がなければ成功はしません。
特にダイエットをしてもやせにくいといわれている太ももは、部分的にダイエットしなければなかなか期待どおりの効果は現れません。
でも自分でダイエットを継続するのは意思の問題で難しそうだ、という人はエステに通うのも良いでしょう。
エステはただ単に痩せるためのマッサージを行うだけでなく、食事管理などもアドバイスしてくれます。
自分の食生活で何がいけないのかなどをアドバイスしてくれるので、生活習慣を見直す良い機会でもあるのです。
エステにいくには勧誘や強制的なお化粧品の購入など色々と不安が付きまとうかもしれませんが、自分に必要のないものはきちんとお断りする勇気をもてば怖い場所ではありません。
エステでマッサージをしてくれる人はプロですので、自分の悩みを相談しながら自己管理プラスエステでの施術で綺麗になることができます。
太ももを細くするのは自己流ダイエットよりもエステにいったほうが正しく痩せることだってあるのです。
自己流というのは知識がない分、怖いことでもあります。
太ももだけを細くする部分ダイエットであれば大きな影響はありませんが、間違ったことをしてしまうと努力が無駄になることもあるのです。
エステに行かずに自分で太ももダイエットをしたいという人はある程度の知識や正しいマッサージ方法を身につけた上で行ったほうが良いでしょう。



太ももダイエット器具


ダイエット器具が世の中にはたくさんありますが、全部を揃えようとするとキリがありません。
そして全部を使用したからといって、ダイエットが成功するとも限りません。
自分が太っている原因をまずは追究してそれに合ったダイエットをするのが一番効果的だと思います。
特に女性は太ももが太いと悩む人が多く、下半身ダイエットに良いと言われている器具もたくさん見かけますよね。
下半身が太っているとパンツもかっこよくはけないですし、上半身とのバランスも良くないので、全体像があまりよい印象にはなりません。

そこで自宅でできる簡単な太ももやふくらはぎなどに働きかけるダイエット器具をひとつ紹介したいと思います。
お値段もお手ごろで場所も比較的あまりとらないステッパーがあります。
ステッパーは強度があり、その上で歩くことによって太ももやふくらはぎを引き締めてくれるというものです。
特に普段は全く運動をせずに太ももの裏側やふくらはぎがたるんで絞まりのない足をしている人にはこのステッパーが良いでしょう。
自宅でスペースをとらず、テレビを見ながら行えるステッパーダイエットは運動不足を解消してくれる優れものですし、引き締まった足を手に入れるのは最適だといえます。
太ももだけでなく、お尻も引きしめてくれますので、一石二鳥ですよね。
太ももが痩せることができればヒップも綺麗になるので、後ろ姿に自信がなかった人でも綺麗な後ろ姿を目指すことができるでしょう。


一週間で太ももダイエット

「一週間で成功する太ももダイエット」という言葉を目にすることがたびたびあります。
そんな短期間でダイエットが成功するなんてどんな方法なのかと気になるところですよね。
果たして一週間でダイエットを成功するにはどのような方法があるのでしょうか。
一週間で太ももが痩せるようなダイエットはまずありません。
ダイエットといっても脂肪を減らす目的もあれば、むくみ解消ですっきりとしたラインを手に入れるという意味もありますので、ダイエットという言葉自体は非常に幅が広いのです。
でも一週間で脂肪を落とすダイエットが可能なのでしょうか。
答えはNOです。
脂肪を落とすことはそんなに簡単な事ではありません。
全く食事をせずに体ばかり動かしていれば別でしょうが、そんなことをしたら先に体調不良を起こします。
この場合、一週間で脂肪を落として痩せるというダイエット方法ではなく、一週間まずはがんばってむくみ解消をしましょう、という意味に限りなく近いということを念頭においてください。
むくみを解消するということは太ももの太さも数センチ違ってきます。
数センチ違うということは見た目もだいぶ違ってきますよね。
パンツがきつく感じなくなりますし、むくみが解消されるということはこんなに楽なことなのだ、と実感できると思います。何事も三日坊主で終わってしまう人のためにまずは一週間目標とし、少しの変化を実感できるようなダイエットがこの方法だといえるでしょう。

子供の太ももダイエット


大人の女性だけでなく、子供も太ももには悩んでいるようです。
今はおしゃれな子供が増えていますから、自分の体型維持に対しても意識が高いのでしょう。
中学生くらいの若い世代の子供でも太ももダイエットに励む人が非常に多いそうです。
とくに学生はミニスカートをはく子が多いですので太ももが気になって仕方ないのかもしれません。
やはり年齢関係なく太ももが綺麗に見えたほうがおしゃれも楽しいのは言うまでもありませんよね。
年齢がある程度過ぎてしまうとミニスカートは避けたほうが賢明ですが、若い世代はミニスカートが大いに楽しめる特権でもあります。
そんなおしゃれを楽しむ幅が広い世代に太ももが太いせいで消極的になってしまってももったいないですね。
若い世代の人は運動をする機会が非常に多いので、脂肪よりも筋肉で引き締まっています。
ですが、張りがあるので太って見えてしまうようです。
太ももダイエットをするにも筋肉をやわらかくしないと脂肪は落ちませんが、お風呂の中で筋肉をほぐしてあげるようにマッサージをすることが一番の効果的な太ももダイエット方法ではないでしょうか。
筋肉で凝り固まった太ももは見た目が女性らしくなくなってしまうので少しほぐしてあげるだけでも全然違いますよ。
守っていただきたいのは成長期ですので食事制限はしないようにしましょう。
成長期に食事制限などの無理なダイエットを行ってはいけません。
食べるときは食べ過ぎない程度にしっかり食事をとって栄養をたくさんとることがダイエットの基本です。


バランスボールで太ももダイエット

バランスボールダイエットが以前流行しました。
これは若干場所をとりますがダイエットには効果的だということでいまだに続けている人は結構いるようです。
スポーツジムでもバランスボールを使ったエクササイズメニューがありますよね。
バランスボールはそもそも腰痛体操に使用されていたもので、本来はダイエット目的ではなかったそうです。
ですが、腰が悪い人でもバランスボールを使用して色々な方法で運動ができることからダイエットにも利用されてきたそうです。
バランスボールダイエットで太ももを細くする方法がいくつかあります。
ボールの上に足を乗せてひざの曲げ伸ばしを繰り返します。
これだけでも太ももの筋肉を適度に伸ばしてあげているのでストレッチのような効果が現れます。
また、大きさにもよりますが、足の間にバランスボールを挟んで床に仰向けになり、ボールをもちあげるような動きを数回行うだけでも太ももの運動になります。
ボールで行う体操は無数に種類があるそうで、無理な体勢を取らずに済むことから安全性の高いダイエットとも言われているようです。
ブーム後はあまり騒がれていませんが、運動によって腰を痛めてしまう人が結構いる中、場所は若干とりますがバランスボールでエクササイズをして太ももやお腹やお尻をエクササイズすると簡単にでき、効果が現れてくるでしょう。
お値段も安く買えますし、使用しないときは空気を抜いてしまうことができますので、非常に便利なアイテムだと言えます。

男性の太ももダイエット

女性だけでなく、男性も太ももには悩みを抱えているようです。
最近の男性が気にしているからだの部分はイメージとして断然お腹だと思っていましたが、太ももが太いという悩みをひそかに持っている男性が結構いるみたいですね。
男性は筋肉が多いですので、意外と足が綺麗な人が多いですよね。
でもやはり人によって体型が違いますので、太ももが筋肉質すぎて綺麗な足のラインを手に入れたいという男性はいるようです。
最近は線の細い美男子が増えましたのでその影響もあるのでしょうか。
でも男性は太ももダイエットの方法など知りません。
お腹であれば腹筋をすぐに思いつくと思うのですが、太ももとなると、どうやってダイエットをしたら良いのかわからないという人がほとんどのようです。
男性の場合の太ももダイエットはスクワットが効果的だと言われています。
背筋を伸ばして垂直に行うことがポイントです。
男性は女性と違って基礎代謝が高いそうです。
基礎代謝が高いということはやせやすいということですので、適度な運動を地道に行えば効果がすぐに現れてくるので、女性よりもダイエットに苦労しなくても済むかもしれませんね。
筋肉もつきやすいですので、スクワットに対して躊躇してしまうようであればウォーキングでもかまいません。
ほかには通勤でできることですとエレベーターを使用せずに階段を使用することです。
階段は太ももの運動になりますので、より引き締まった太ももに近づくことができるでしょう。

太ももダイエットを成功させよう

ダイエットに励む女性や男性で一番多いのはお腹のようですが、二番目か三番目には太ももや二の腕が挙げられます。
特に女性はむくみやすい体質ですので、太ももの太さは毎日気になっていることでしょう。
ダイエットにも色々な種類がありますが、食事制限などの栄養が偏ってしまうようなダイエットは避けるべきです。
リバウンドをしてしまいますし、肌や体に良いことはありません。
無理をしすぎてしまうと生理がとまってしまうことだってあるのです。
正しいダイエットは食べ過ぎないで3食きちんと食事をすることと、あわせて運動を行うことです。
簡単に言えば摂取カロリーが消費カロリーを上回ることのないように気をつけていれば自然と痩せていくのです。
でもいちいちカロリー計算大変ですよね。
それができないようであればせめてお菓子や間食、ジュールなどの甘いのみものの摂取をやめることは守りましょう。
それだけでもずいぶん違いますし、太もものむくみの原因となる塩分の取りすぎも避けることができます。
食事で気をつけることはそれくらいで良いでしょう。
あとは適度に体を動かしてカロリーを消費することと、筋肉をつけて代謝を上げることです。
代謝が低いとダイエット効果がいまいち出ませんのでモチベーションもだんだん下がってしまいます。
運動をすることによって精神的にもすっきりしますので、適度な運動は内面的な健康維持にもお勧めです。
太ももダイエットは簡単ではありませんが努力を続けていれば成果がきっと現れることでしょう。


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。記事の内容はお役に立てたでしょうか?もしよかったらこの記事をシェアして、お友達にも伝えて下さると嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 骨盤矯正ダイエットってどうなの?
  2. 骨盤ダイエットのすすめ
  3. 骨盤の歪み(ゆがみ)を解消してダイエット!
  4. 太ももを細くする方法とは
  5. 太ももダイエットの方法
  6. ダイエット食品いろいろ
  7. ダイエット食品のおすすめは?
  8. ダイエットを失敗させないために知っておきたいこと
  9. 単品(置き換え)ダイエットなどの失敗談

ページ上部に

Copyright ©  すぽるど!情報調査隊 All rights reserved.